トピックス

林議員(公明党)が大聖寺まちづくり協議会への補助金返還を要求

カテゴリー:

2月定例の市議会産業経済委員会が9日(木)開催されました。市当局より、片山津温泉街湯公園の竣工、加賀市観光交流機構の事務所移転、片山津温泉商店街 再生モデル店舗開店支援事業、旧市営斎場跡地の一部譲渡などについて、報告があり審議が行われました。その他の審議において、林直史議員(公明)が大聖寺 まちづくり協議会が発行している公報を取り上げて、「宗教や政治的な問題(新病院建設について)を取り上げている。こうした内容に、市が補助金を交付して いるはおかしいのでないか。

返還もとめるべきでないか」などと発言しました。また、私が発行している議会便りについても「日本共産党と書いているのは、政 党の宣伝になり、政務調査費を使っているのであれば、返還すべきと思う」なとど述べました。私は、「大聖寺地区にとって、病院はまちづくりにとっても重要 な問題であり、その問題を広報で取り上げてはいけないというのはおかしい。

市の補助金交付要綱にそのような規定があるのか。明確にすべきだ」と指摘しまし た。市長の政策に反対するのあれば、まちづくり広報発行への補助金はだすなといわないばかりの発言には、ただ、ただ驚くばかりです。市民は、個人であれ、 団体であれ、市の施策に自由に発言すべきだと思うし、それを保障することがわれわれ議員の役割であり、民主主義の原点ではないかと思う。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.