トピックス

子どもの命守る共同さらに広げ=子育てシステムシンポジウム

カテゴリー:

5月13日(日)、金沢市教育プラザで開催された「子どもの未来はこれでいいのか」シンポジウムに参加して来ました。

一部では、金沢大学の横山寿一教授が基調講演をし、今、国会に、消費税と一体の改悪法案の一つである子ども・子育て新システム関連3法案が提案されている。この

新システムでは、市町村の保育責任が無くなること、子どものために公費が使われなくなること、保育の質が低下することなど介護保険の実態とあわせて問題点を指摘。

この公的保育制度解体が、介護保険制度や障がい者福祉制度の改悪と狙いは同じである。

今は、社会保障制度の改悪を許さないたたかいの正念場である。運動の輪を広げる大同団結が必要であることを訴えました。

二部では、保育の現場で働く保育師や母親の立場か3名のパネラーによる報告と、保育師や父母など参加者との意見交換が行われました。

これまで、こどもの全面発達を保障する公的保育制度の拡充のために運動が続けられて来ました。

それが今、破壊されようとしています。先の国会での日本共産党の高橋議員の質問内容を紹介します。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.