トピックス

比例区の不在投票100票を無効にした加賀市選挙管理委員会

カテゴリー:

12月16日衆議院選挙が行われました。

 私は、投票終了後に行われる加賀市開票所の立会人として加賀体育館へ向かいました。8時半過ぎに体育館に到着しました。すでに他の何名かの立会人も立会人説明会の席についていました。

 ところが集合時間の8時45分になっても2名の立会人が来ませんでした。

 「時間に遅れた立会人はどうするのか?」と尋ねると、別の立会人は「時間厳守だから入れないでしょう」との発言があました。

 選挙管理委員会事務局から立会人の心得、義務など説明が始まりました。その説明の最中に、遅れてきた2名の立会人は次々入ってきて、席に着きました。選管事務局は、遅れてきた立会人に注意もしなければ、説明を中断もせず、説明が終わりました。開票の始まる前から「こんないい加減なことで大丈夫なのかな」と思い不安が頭をよぎりました。

まもなく、定刻となり選挙長や立会人全員が、開票場所に並べられた投票箱のカギなど点検し、立会人の席に移動しました。開票終了まで開票作業を見守っていました。

 ところが、案の定、遅れて来た立会人の一人は、立会人説明会で「禁止行為」と説明された、「携帯電話での開票作業の写真撮影」、「電話をかけたり」する始末でした。事務局員も制止するにもかかわらず聞く様子はありませんでした。

 小選挙区の開票が終了し、比例区の開票作業が順調に進められていましたが、突然、開票作業全体が止まりました。立会人席から「どうしたのか?」尋ねると、選管管理人が「票数が100票足りない、合わなくなっている」とのことでした。既に数えられ、束ねられた票を何度も数え直し、確認したり、机の下を確認したり、挙句の果ては、立会人の確認を終えている(効力決定済み)票の束を、もう一度機械で数えさせて欲しいと、前代未聞の説明がありました。係員が交代し、再度、数え直し、点検が行われました。

 それでも、原因が分からなかったようで、開票作業が止まったまま時間が過ぎていきました。そのうちに、選挙管理委員会の係員ではないと思いますが、市の総務部長が会場に入って来て、善後策についての協議が行われていたようです。ところが、こともあろうに開票作業の異変を知った報道機関の記者数名が、誰の許可を得たのか開票作業場に入ってきて、写真撮影をはじめる始末です。「そんなこと許して良いのか」と思いましたが、選管事務局に制止する様子はありませんでした。

 選挙管理委員会書記長が石川県選管との電話連絡で善後策協議が続いてたようです。

 ようやく、書記長から、「不在者投票(比例区)の一部が(投票所へ送られず?)投票箱に入れられなかった、市役所に残されたままになっていた」との説明があり、「この百票を無効にする」との結論で、ようやく開票作業が再開されました。こんな不思議な話はあり得ないことですが、加賀市だけの選挙ではないし、時間の制約された選挙でもあり、やむ得ないことかと思いました。

 開票作業が終了したのは、他市町の開票区から大幅に遅れた午前3時半を回っていました。翌日にはこのことが新聞、テレビで大きく報道されました。

 よく考えてみれば、今回の選挙は選挙区、比例区、国民審査の不在投票がほぼ同数あるはずです。比例区だけがそれぞれの投票所に届かなければ、各投票所でも気付くはずで、開票途中まで気付かなかったとはまったく奇怪な話です。関係した投票所の事務処理にも疑問があります。

 今回の加賀市の総選挙の投開票作業は、開票立会人のルール(マナー?)違反を放置したり、報道記者の開票所への立入り、それを制止しないも選管事務局の無責任、選管事務局と各投票所でのずさんな投票管理、連絡ミスなどタガが外れている様な気がします。

 立会人の仕事を終えて帰宅し、石川県、全国の選挙結果を見、その日の本議会の準備にかかり、横になれたのは午前6時を過ぎていました。

 

総選挙の結果について、4割の票で8割の議席を得る「小選挙区制」、政策よりも政権交代が焦点とするマスコミの姿勢。後味の悪い総選挙です。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.