トピックス

旧山中海軍病院の地下病院跡地(地下壕)の調査に入りました。

カテゴリー:

5月26日(日)午後1時半より、友人6人とともに、旧国立海軍病院の地下病院跡地(防空地下壕)の調査に行ってきました。桑原町の佐藤公男さんの案内で、山中温泉医療センターから200メートル程にある源氏山に向かった。町民の墓場がある山の横の穴から冷たい風が吹いていた。源氏山に彫られた防空地下壕の穴から吹き出る風である。紙谷用水の流れる前の一つの穴から中に入ることができ、懐中電灯を照らしながら中に入っていった。穴の高さは、2.5メートル、幅2.2メートルの広さである。手術室やベット、トンネルの壁には、棚のようなものも造られていた。昭和16年から昭和17年に建設された地下壕の建設がどのように進められていたのか。多くの朝鮮の人々が駆り出されていたとのことである。病院の地下治療室として、地下壕が造られたのは全国で山中海軍病院がはじめてだったとのことでした。貴重な戦争跡地として、歴史を後世に残したいものです。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.