トピックス

具体的な検証項目も示さない検証のあり方に疑問

カテゴリー:

12月12日(木)に開催された総務常任委員会において、新病院建設計画の検証のために設置される第三者検証委員会について質しました。

「宮元市長が就任して早々に新病院建設計画の見直しを表明し、北川正恭早稲田大学大学院教授を責任者とするとの説明ですが、何をどのように検証するのか」と質しましたが、山下総務部長は、「それも含めて検証委員会が決める」との答弁。また、吉江議員からは、「これまで議会としても、時間をかけて議論をしてきた経緯もあり、加賀市の事情も良くわからない大学教授に検証を任せるのはおかしいのでないか。北川教授は、三重県知事の前に衆議院議員を一期務めているが、その時の派閥は森派だった」と延べ、第三者検証委員会の設置には反対であると表明しました。私は、「何を検証するかも解らず、これからわずか6回の検証委員会でどのような結果が出されるのかも解らない。経費も260万円とのことだが補正予算案には計上せず、企画費の中から捻出するとのこと。検証そのものには反対でないが、内容も示されないので賛成できない」と表明しました。

・・・市役所の臨時職員の賃金について改善を求めました。・・・・

県労連の調査によれば、加賀市の平成12年度の正規職員数は913人。内、臨時一般事務職員数は184人、臨時保育士数は99人となっています。臨時職員の一般事務職員の時間給は763円。臨時保育士の時間給は、有資格の場合は850円。無資格の場合は753円となっています。臨時一般事務職の時間給は、金沢市790円、かほく市902円、小松市775円、珠洲市810円、白山市830円となっています。また、有資格の臨時保育士の時間給は、金沢市970円、かほく市966円、小松市900円、珠洲市903円、白山市920円となっています。少しづつ改善しているというけれど臨時職員として働く人の賃金の改善を強く要望しました。

・・・NPO法人「モア」の補助金不正受給について質しました

12月5日(木)の新聞各紙で報じられたNPO法人の助成金580万円不正受給問題について、「市の指定管理者委託を受けていた期間と補助金を受けていた期間と重ならないか」と質しました。山下総務部長は、「重なるのは、平成22年度のスポーツ総合基盤整備事業だが不正には関係ない」としました。

その他の審議の中で、市側からは、第一回の加賀市統合新病院建設計画検証委員会を12月25日(水)10時から12時まで会議を行い、午後1時から4時まで現地視察を行なうことが報告されました。場所は市役所別館3階302・303会議室  議題は、①組織会委員会の進め方、②二つの病院を統合することに到った経緯についてです。委員会は公開で行なわれます。

 

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.