トピックス

石巻市と山形市へ行政視察に行ってきました(7月22日・23日)

カテゴリー:

DSC016257月22日(火)と23日(水)の1泊2日の日程で、観光交通特別委員会の行政視察に行ってきました。22日(火)午前8時20分小松空港出発して、45分で仙台空港へ到着。それからは、レンタカーをチャーターし、途中で昼食を取り、午後1時半に石巻市役所へ。本間議会事務局長は、「震災の瓦礫処理がようやく終ったところです。未だに約1万1千世帯が仮設住宅に住んでいる。今後どのように保障していくか大きな課題となっている」と述べました。石巻市役所は、駅前の元スーパーの跡地を整備して、再利用した建物でした。市の担当者から公共交通について説明を受けて、市内のバス路線の運行について説明を受けました。路線バスは11路線。住民・市民バスは、乗り合いタクシーを含めて、8路線。国・県の補助を含めて、市は年間1億円余りを負担しているとのことでした。

 コンパクトにたためる石巻市のバスマップは、3,000部を市民に配布し、大変好評だとのこと。公共交通の運営に国・県・市と合わせて、年間1億円余りを負担しているとのことでした。

3,000部を市民の配布。バス停の位置もわかり、大変好評だとのとでした。

3,000部を市民の配布。バス停の位置もわかり、大変好評だとのとでした。

翌日は、午後1時より、山形市役所にて、「創造・伝心 やまがたおもてなしプラン」と名ずけられた観光ブランについて説明を受けました。山形市の観光は、何と行っても蔵王を中心に、年間320万人、推定観光総消費額370億円と言う規模を維持していると言う。近年は、外国人観光客の誘客や仙台市、福島市との広域観光ルートの開拓などにも力を注いでいるという。市役所観光課が作成したDVDを見せて頂いた。男性市職員が作成し、本人が登場して、山形市内を案内していました。女性ばかりが登場する観光宣伝に慣れている私には、とても新鮮でした。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.