トピックス

統合新病院建設請負契約金額の26億5,680万円増額で協議

カテゴリー:

11月21日(金)午前10時より、市議会全員協議会が開催されました。その時に、市から説明があったのは、昨年、3月29日に大林・山下グループと締結した統合新病院建設事業工事契約額67億4,940万円を本年、6月に建設物価の高騰などで請負金額を、26億5、680万円の増額提示があり、現在協議中であるとのことでした。そして、今後、その協議を公開の場で行なうと説明。

前寺前市長時代に、設計施工一括型の公募プロポーザル方式が提案された時に、市議会で反対したのは、私、ただ一人でした。市は、「消費税増税の影響を受けず、安価で契約ができる」と説明していました。そして、経営シュミレーションを説明してきました。宮元市長は、「市としても了解できる金額ではない」といいますが、その協議を公開の場で行うと言うが、「どのように行うのか」と質問しても「まだ、決まっていない」と山下総務部長。これまでの契約の経緯や増額の内容等しっかりと質す必要があると思います。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.