トピックス

「戦争法案」に学者の9割が反対!

カテゴリー:

 安倍内閣は、国民の8割近くが「戦争法案」の今国会での採決に反対し、憲法学者の9割が憲法に反しているとしているにもかかわらず、16日にも安全保障法制にかかわる法案を衆議院で強行可決を合意したという。憲法に反してる法案を国会が可決する等立憲主義を真っ向から否定するこのような暴挙を国民が許すわけがない。日本共産党第26回大会決議は、「安倍自公内閣は、衆参両で多数は握っているが、政治的には決して磐石ではない。この内閣の基盤は極めてもろく、深刻な矛盾をはらんでいる」と指摘し、「安倍政権の暴走は、危険極まりないものであるが、恐れる必要はない。この暴走が、早晩、深刻な政治的激動、政治的危機を引き起こすことは、疑いがないことである」と述べている。他の野党が、綱領を持たずに、離合集散を繰り返す中で、党綱領を指針にして、創立93年周年を迎える日本共産党。私が、戦争を再び繰り返さないためにとの思いで、日本共産党に加わって、すでに46年になろうとしている。「戦争反対」いまこそこの声を広げなければならない時はないと思う。DSC02098

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.