トピックス

加賀市女性議会(意見交換会)が開催されました

カテゴリー:

04質問③病院 (14)06質問⑤男女共同参画 (41)10月21日(水)午後7時半より、市役所302会議室において、女性議会(加賀市各種女性団体連絡協議会の皆さんと市議会議員との意見交換会)が開催されました。女性協議会の代表の皆さんからの質問に議会議員が回答するという形式で行われました。人口減少問題への対応、加賀市医療センターの医師の招聘や女性専門外来の設置、産婦人科の体制充実や男女共同参画に対する各議員の意見、加賀市の介護保険料について意見交換が行われました。私も市民病院の産科体制の充実と女性医師の確保に関連して、「女性の産科医師はいないけれども市内には、6名の助産師さんがいて、助産院を開設したり、若いお母さんのさまざまな子育ての相談にのってくれます。市民病院でも市内の助産師との連携も強化したいとしています。市の広報でも紹介されています」と発言しました。また、全議員に男女共同参画の意見が求められ、参加した議員一人ひとりが発言しました。私は、現在の憲法の議論も踏まえて、「私のモットーは、男女の違いはあっても差別はないということです。現在の憲法が制定されて始めて、女性に参政権が与えられ、男女は平等であると規定された、結婚するかしないか。子どもを生むか生まないかなどの女性の人間としての価値が判断されるのはおかしい。ましてや現在は、男性同士の結婚や女性同士の結婚が認められる時代である。女性が一人の人間として、人権保障される社会のために、男女共同参画から男女平等社会の実現に頑張りたい」と発言しました。会場からは、大きな拍手をいただきました。(写真は、議会事務局より提供していただきました)

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.