トピックス

公立保育園を17園から7園に再編計画案を提示

カテゴリー:

 11月11日(水)午後2時より、加賀市健康福祉審議会子ども分科会を傍聴しました。分科会では、市当局より、加賀市の今後の人口減少予測に伴う、保育園児数を予測し、公立保育園の再編計画が提案されました。その計画案によれば、市の公共施設マネジメントでは、将来の財政投資などを踏まえて、平成36年度に保育園を50パーセントに削減する目標が掲げられていることから、平成28年度から36年度までを計画期間として、平成33年度4月までに現在の17園から10園削減、さらに37年4月までに3園削減し、7園にするというものです。計画案では、金錦中学校区、橋立中学校区、片山津中学校区、山代中学校区、山中学校区に一園を配置し、東和中学校区のみは、現在の2園の計画となっいます。計画図は以下のとおりです。委員からは、「市の財政もあり、早く、統廃合すべき」という声もありましたが、「なぜ、少子化が進行しているのか。考える必要がある。自治体の施策も大切でないか」などの意見も出され、他の市町村の現状などは、次回以降に検討することになりました。公立と私立の保育士の労働条件や施策の違い、保育の質の問題なども意見と出されていました。私も10月からは、市議会の組織変更に伴い、教育民生常任委員会所属となりましたので、保育や教育、介護、医療などの充実のために学んでいきたいと思います。DSC02276

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.