トピックス

野々市フォルテにて、日本共産党演説会に参加

カテゴリー:

6月4日(土)野々市フォルテにおいて、日本共産党衆議院議員を迎えて日本共産党演説会が開催されました。会場はおよそ800名を越える参加者で熱気があふれていました。演説会は、金沢市議会議員の広田みよさん。市民連合代表、若者やママの代表の挨拶が行なわれ、民進党を代表して、田中みえ子氏、社民党からは盛本県議会議員が挨拶に立ちました。そして、5月25日全国初めての四野党共同の街頭演説会の立役者、小沢一郎生活の党と日本共産党志位委員長による演説会を成功させた89歳になる金原博県議会議員がゆっくりとした足取りで舞台に登場し、「政治家人生50年でまさか日本共産党の演説会で話をする日が来るとは思わなかった」と情勢の変化を語り、会場を笑わせました。「これまでは接点もなったが一ヶ月ほど前から共産党の方々と付き合っているが、赤旗新聞の購読の勧めに来られ、私の後援会の幹部にも柴田未来さんへの支持の依頼が共産党の方からくるなど素晴らしい行動力に感心している」と述べました。参議院比例区に回った亀田良典氏、武田良介氏、石川選挙区の柴田未来さんの決意表明も素敵でした。笠井亮衆議院議員は、安倍政権が行なっている憲法違反の戦争する国づくりに対する野党と国民の闘いを報告し、国会における野党共同の進展と全国32の参議院一人区での野党統一が実現している情勢のもとで、野党と国民が力を合わせれば参議院選挙で安倍政権を倒すことができると力づよく訴えました。また、会場には、野々市市と白山市の民進党や社民党など市議会議員も参加されており、粟野々市市長からのメッセージと共に紹介がありました。まさに、情勢の変化を実感した演説会でした。DSC02728

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.