トピックス

加賀市桑原町(8号線沿い)に場外車券売り場建設が計画されています。

カテゴリー:

加賀市桑原町地内にあるパチンコ店を場外車券売り場に変更する計画が進められています。計画を進めているのは、株式会社サテライト金沢(代表取締役 小嶋敬二)です。8号線沿いにあるパチンコ店跡地に進出をしようというものです。約300坪の広さ、年間350日程度を営業し、午前10時より夜の9時まで、一日の入場人数を300人から500人と見込んでいます。場外車券売り場とは、自転車競技を賭け事の対象とするギャンブル場です。金沢市では、これまでに大徳地区、鞍月地区に場外車券売り場建設計画がありましたが、住民の強い反対運動でいずれも設置できませんでした。野々市市でも設置できませんでした。今回、加賀市桑原町での建設計画について、7月18日に桑原町の住民を対象に事業者の説明会が開催されて、住民に対して記名での賛成・反対のアンケートの提出が求められています。地元町内の合意を得たとして、事業者は年内にも政府に設置許可を提出しようとしているようです。しかし、問題は、桑原町住民だけの住民の合意のみで進められてはたまりません。近くには、学校や保育園もありますし、地域全体、加賀市民の問題だと思います。8月10日(水)に開催された市議会教育民生常任委員会の席上で、この問題について、山下教育長の見解を求めました。教育長は、今、初めて聞いたとしながらも「子ども達の教育にとって、好ましいとは思えない」と答えました。子ども達の豊かな成長を保障しなければならない今日、ギャンブル場建設計画はいりません。DSC02804

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.