トピックス

議員定数や議員報酬のあり方を検討しています。

カテゴリー:

9月20日(月)9月市議会最終日。午前10時より、議会あり方検討会が開催されました。議員の定数問題や報酬問題を議論しています。来年の議会議員の選挙をにらみ、定数を削減し、報酬を引き上げようという意見が多数出されています。私は、「議員定数は、市民の多様な声を市政に反映させるために一定数は確保されなければならない。議員の報酬とは別の問題だ」だと指摘しています。また、自民党や公明党の議員さんからは、「現在の報酬では、若い人たちが議員になりたいと思わない」「身分保障もないので、もっと報酬を引き上げるべきである」という意見が出される。「加賀市の議員報酬は、43万円と人口規模や市民の所得状況からみても決して安くない。年金がなくなったが、市民も同じであり、議員だけが特権的な身分保障はおかしい」と主張しました。お隣の富山市議会での政務活動費をめぐる一連の不正事件が広がっていますが、選挙で選ばれて、4年間のみの非常勤公務員としての身分を忘れているような意見には、とても賛同できません。皆さんの意見を是非お寄せください。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.