トピックス

大聖寺実業高校の3年生と市議会とが意見交換を行いました

カテゴリー:

1月30日(月)午前11時40分より、県立大聖寺実業高校の3年生の一クラスと市議会議員希望者12名とによる意見交換会が行われました。これは、18歳選挙権になったことを踏まえて、高校から市議会に申し入れがあり実現しました。意見交換のテーマは、加賀市の活性化についてと少子化対策についての二つ。議員2名つづが生徒6名から7名の6つのグループに入り、意見交換をしました。私は、民進党の上田朋和議員と一緒に、女性と7名のグループで、加賀市の活性化についてお話を聞きました。まず、私が簡単に、加賀市の活性化の取り組みついて、新幹線、温泉観光、農産物を生かした商品の開発などについて説明を行い、彼女たちの意見を聞きました。平成10年生まれだと高校3年生、はつらつとした笑顔に元気があふれていました。

「足湯の下をガラスにして、お魚を泳がしてみてはどうか」

「スターバックスのお店で加賀市の棒茶や農産物などを販売するのはどうか」

「観音様を利用してはどうか」どう利用する?「目玉からビームなどを発射してはどうか」

「映画館があればよい」素直な思いが次々へと出されました。こちらからも聞いてみました。

情報はどうして得ているのか。新聞や市の広報は読むのか?

・・・・「新聞よまない。FBもしない。見るのはツイッターだけ」と全員

買い物はどこでするの?

・・・「金沢で」と全員

そして、バス(交通の利便)が便利になるよいとの意見もあがった。加賀市の特産物を聞いてみるとなんと「五郎島さつまいも」との答え。なるほど!!「ブロッコリー」もでた。

あっと言う間に一時間が終了しました。全員がスマホをもち、情報はツイッターから得ているのか。未来の加賀市を担う高校生との意見交換に時代を感じずにはおれませんが、お触れる笑顔に元気をいただきました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2017 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.