トピックス

「生命尊重の日」条例案が可決されました

カテゴリー:

6月26日(月)市議会最終日。市長より提案された「生命尊重の日」条例案は、賛成14、反対2で可決されました。議案を審査した教育民生常任委員会でも意見なし。最終本会議でも賛成討論もなくただ黙って賛成した自民党・公明党・民進党の議員14名。少なくとも社民党の林俊昭議員と私、新後ゆき子は、委員会審査においても条例案がなぜ、問題なのかについて発言し、当局を質してきた。この条例案は、憲法13条や24条に規定する男女平等や個人の尊厳の規定に反し、母体保護法に規定される人口妊娠中絶や不妊手術をしな社社会を加賀市民に呼びかけることになり、法に反する条例案であることを繰り返し指摘した。何でも市長提案に賛成してよいのか。これが議会改革全国4位の実態なのだ。でも寝ないで仕上げた討論は、議事録にも残るし、ケーブルテレビを通して、市民にも放映される。努力は無駄ではなかったと言える様に、市議選に向けて、気持ちを入れ替えて頑張りたいと思う。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.