トピックス

加賀市の「生命尊重の日」条例制定について、朝日新聞が記事を掲載

カテゴリー:

7月5日(水)本日の朝日新聞の朝刊に、加賀市が制定した「生命尊重の日」条例についての記事が掲載されました。「胎児の命思う日」条例化は必要?と題した記事は、加賀市議会の議論や条例化を要望した「円ブリオ石川 生命尊重センター NPO法人円ブリオ基金センター」の団体の主張、宮元市長の見解も掲載しています。そして、日本家族計画連盟の事務局次長の芦野由利子さんの「加賀市の条例に中絶と言う言葉はないが、産まない選択への有形無形の圧力になることは充分考えられる」との言葉を紹介し、日本の中絶をめぐる国会での議論も紹介され、こうした歴史を踏まえて、性と生殖の歴史に詳しい萩野美穂・元大阪大学教授の指摘として、「7月13日を生命尊重の日に制定するのは、暗に中絶への非難を意図したと受け止められても仕方がない。個人や団体ならともかく、市がそうした立場を宣言することになる」との指摘や明治学院大の加藤秀一教授は、「政策は、貧困や暴力による望まない妊娠など、産まない選択をせざる得ない社会的環境を、改善することに注力すべきだ」との指摘を掲載しています。6月議会での論戦をより確かなものにしてくれます。

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2020 SHINGO YUKIKO