トピックス

所得が変わらないのに医療費助成が廃止になった?

カテゴリー:

市民から次のような相談があった。「所得が変わらないのに、心身障害者医療費助成を廃止するという通知が市役所からあったが、市の制度について知りたい」と。市役所に問い合わせをしたが納得いく説明ではなかったと言う。改めて調査をして、市にも問い合わせをした結果、「昨年まで扶養していた息子さんが扶養から外れたので、所得制限金額が下がった」ということでした。加賀市の心身障害者医療費助成は、石川県制度よりもより拡充しています。石川県は、心身障害者手帳の1級と2級、療育手帳B、療育手帳B1の入院のみとなっています。これに加えて加賀市は、心身障害者手帳3級、療育手帳B1の入院外、療育手帳B2まで独自で拡大しています。市の説明では、平成12年度より所得制限は変化していないとのことでした。今回の相談の場合は、昨年まで息子さんを扶養家族としていたため、所得制限金額は197万5千円でしたが、息子さんが扶養でなくなったため所得制限金額が下がり、159万5千円に変更になったので、助成対象ではなくなったとのことでした。医療費助成における所得制限は廃止すべきではないか?

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2017 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.