トピックス

議会だより(再開)に励ましの声

  議会だよりの発行を再開しましたところ、たくさんの励ましの電話や手紙、電子メールをいただいています。ありがとうございます。

その一部を、お礼を兼ねて紹介させていただきます。

 

片山津温泉在住の方から

如何お過ごしですか

朝夕の冷え込みが肌に感じる季節になりました。一年前に病で入院されたことを風の噂で知り、市民のため頑張っておられた貴方が、自分の体も省みず、市議会の中で一人どうどうと頑張りすぎて病に冒されたのだと、心が痛みました。

 しかし、今日の議会便りで、議会の壇上にたち、以前のように市民のために質疑されたこと、大変嬉しく思いました。市長の労いの言葉で安堵いたしました。日ごろ市民に対する情熱が市長の心をそうさせたと思います。お見舞いにも行かずごめんなさい。まだ寒暖の日々が続きます。ご自愛下さい。 合掌

 

大聖寺地区在住の方から         

新後ゆき子 様

 暑かった夏を忘れるくらいの涼しさ(?)です。

 議会復帰 ほんとに良かったですね。

 今年の〇月 主人と同じ病棟でお会いして驚きました。努力と責任感、使命感を持ち続けるのは大変なことと思います。

 先日、〇〇さんから「新後さんは、ハンディを背負っても、誰よりも優秀な議員さんだと思う。」と高校のクラスメートが話してると聞いて、私も納得でした。

 これから先、古稀を迎え、主人を介護して、自分も介護されるようになるかと思うと、不安が広がりますが、ゆき子さんの活躍には甘えてはいられないと、喝を入れられたような気持ちです。

 お互い、できることを精一杯やり続けていけたら幸せなんでしょうね。

 寒くなると、大変なこともあります。どうか、無理をなさらず、市民のためにお力添え下さい。

 「議会だより」ありがとうございました。

 

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2018 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.