トピックス

展示中止「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止に抗議

カテゴリー:

展示中止 日本美術会抗議の声明

2019年8月6日【社会】 日本美術会(冨田憲二代表)は、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止に抗議し、「表現の自由」を守り抜き、展示の継続を求める声明を発表しました。 声明は、行政側からの政治的な圧力や、テロ予告を含む脅迫のメールや電話の殺到が中止の要因であるとしたうえで、「こうした圧力や脅迫への屈服は、表現の自由に対する重大な侵害」であり、「テロ予告や脅迫の方をこそ取り締まるべき」であると批判。行政がすべきことは、発表された作品への自由な意見交換を保障する「公共の場を守り広げて」いくことだと訴えています。 「行政として認められない表現は展示できない」ことがまかり通れば、憲法が禁じている検閲が復活することになりかねない重大な問題だとし、会として「『表現の自由』を断固として守り抜くため今後とも奮闘する」と決意を表明しています。

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2019 SHINGO YUKIKO