ダウンロード

宮元市長が統合病院の検証作業を行なうと表明(11月1日臨時市議会)

11月1日(金)午前10時より、臨時市議会が開催されました。議長、副議長選挙が行なわれ、議長には、高辻伸行議員、副議長には中谷喜英議員がいずれも19票で選任されました。会派良政会所属で私を除く、すべての議員が投票したことになり、まさにオール与党の議会となりました。また、常任委員会の構成は、議員定数が2名削減されたために、総務常任委員会を7名から6名に、産業経済委員会は8名から7名に削減されました。私は、総務常任委員として、議案審議にあたる事になりました。市民の声を反映し、民主的な議会運営と市民の命と暮らしを守るために全力で頑張ります。(写真) また、議案提案にたった宮元市長は、所信の細部については、12月定例会で述べるとしながら、四つのビジョンと二つの改革についてのべ、これらのビジョンを実現するために、徹底して無駄をなくす「行政改革」と明日の加賀市を担う子どもたちの人間力を育むための「教育改革」に取組むことを明らかにしました。そして、新統合病院については、早急に第三者による検討組織を設置し、検証作業に着手する考えを明らかにしました。しかし、何を検証するのかなどの具体的な内容については、説明がありませんでした。

DSC00691

ダウンロード(右クリック>「対象をファイルに保存」を選択してください)

DSC00691.jpg | 30.49KB | 2013年11月1日

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2020 SHINGO YUKIKO