新後ゆき子

日本共産党との出会い・・・保母を辞して議員に

泣き虫、おてんばな少女時代

美しい自然に包まれた片野町に、3人姉妹の次女として生まれ、おてんばで泣き虫に育ちました。 黒崎小学校で、出会った卓球は、橋立中学校、大聖寺高校のクラブ活動へと続き、中学2年時には、郡市大会で団体優勝。

市職員になって、石川県内の都市職員大会でも2度の個人優勝をしました。

「戦争のない平和な社会を子どもたちに」日本共産党との出会い、29歳で市議選へ

高校を卒業後、保母を志して、石川県立保育専門学園へ入学。2年後期学生会の会長に。卒業後、加賀市役所へ就職。

その年に、「平和と子どもたちの豊かな成長を願って」日本共産党に入党。28歳の春に、8年間の保母としての生活に終止符を打ち、日本共産党の活動に専念する道を選択。

母は猛烈に反対しましたが、政治を変えたいとの想いは、揺らぎませんでした。翌年、29歳で市議選へ立候補し、初当選。以来、4期16年間を吉村秀盛氏と議員団として活動。5期目の選挙で二人ともに落選。1年後に補欠選挙にも挑戦しましたが落選。

議員でなかった4年間は、緑ヶ丘小学校育友会副会長、小松市民生協理事、子ども会などの地域活動に参加。多くの人々と出会い、多くのことを学ぶ貴重な機会となりました。4年後に再選を果たしました。

34歳(2期目)で結婚。一男一女の母となり、議員活動と子育ての忙しい日々を送りましたが、14年目に離婚。現在、息子は東京で一人暮らし。娘は、結婚して、白山市で新しい生活をはじめ、現在、二人の子どもの母親として、奮闘しています。私はおばあちゃんになり、孫の成長が楽しみな日々です。養母は、特別養護老人ホームに入居し、96歳の人生を生きています。愛犬「モコ」は、亡くなりました。

私のプロフィール

  • 1948年(昭和23年)11月14日加賀市片野町にて生まれる
  • 市立黒崎小学校、橋立中学校、県立大聖寺高校、県立保育専門学園卒業
  • 加賀市役所保母として8年(錦城保育所、大同保育所、金明保育所)勤務
  • 1977年3月市役所を退職。同年4月日本共産党加南地区委員会就職
  • 1978年2月加賀市議会議員に当選。以後連続4期当選。1994年1月5期目に落選。
  • 1998年1月に再選され、その後、山中町と合併し、新加賀市となる。現在3期目。
  • 趣味は音楽鑑賞・観劇など
  • 長所は明るく朗らか、気が長く粘り強い。
  • 短所は慌てん坊(そそっかしい)。

市議会での所属

  • 常任委員会:教育民生常任委員会
  • 特別委員会:新幹線特別委員会、議会活性化特別委員会

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2012 - 2017 SHINGO YUKIKO All Right Reserved.